小さなおもちゃが増える夏

おかたづけの実例

夏休みまっさかり。

夏休みって、
旅でいただいたおもちゃだったり

お祭りでもらったおもちゃだったり

こまごましたおもちゃが増えちゃいます。

家にいる時間も多いので
工作した作品も増えていき・・・

以前はこういうおもちゃや作品の置き場所がなくて
まとめて棚の上に置いてました。
カラフルなので、けっこうごちゃついてました。

なので今は箱を一人一つずつ用意しています。

夏休みでなくても、普段から
工作やどこに分類したらいいかわからないおもちゃは
ここに入れています。


テレビに荒らされたソファがうつりこんでる・・・

TVの下の棚が指定席。

この箱がいっぱいになったら
いる・いらないを一緒に見直ししています。

子どもたちは入れる場所に困ったら
「とりあえずここに入れとけ!」みたいな感じなので
すぐにいっぱいになっちゃいます・・・。
でもあまりギチギチにルールを決めてもできないので
今はこれでいいかなと思っています。


つい1~2年前までは、パンパンになっても
「まだ入る!」「捨てるの嫌~」
と言っていた長男も
最近は手放すことが上手くなってきました。
成長を感じるとともに、習慣の大切さも感じます。

小さなおもちゃが増えて箱がいっぱいになる夏休み。
一緒に作業しながら
お片付けの方法を伝えるいいチャンスかもしれません!

はやしあき

大阪の整理収納アドバイザーはやしあきです。 お片付けと小さな工夫で楽しい暮らしをご提案しています。

プロフィール

関連記事一覧