インテリアの統一感

「インテリアの統一感を出すには
どうしたらいいですか?」
とご質問いただくことがあります。

統一感と聞いて
いちばんに思い浮かぶのは
テイスト」なんですが

うちの場合、
なんとなーく北欧風のようでいて

濃茶色のダイニングテーブルや
ラタンが使われているチェストは
アジアンな感じだったり
(17年前の新婚当時、アジアンテイストが流行っていたのです)
シンプルで比較的手の届きやすい価格の
無印良品のものも多かったり
家具はそうそう買い替えるわけにもいかず
テイストばらばら!
統一感、ありません・・・

でも、気を付けていることがふたつ。
素材感です。


まず素材感について。

素材感は「マット」な感じが好きです。
ツヤツヤしていない、マットな感じ。
(家電をマットな感じで揃えるのはなかなか難しいですが)

キッチンの扉もマットな白です。

壁や家具の面材もマットなもの。


色については
モノトーンより色を使った方が好きです。
そして素材感がマットということは
ナチュラルな雰囲気なので
柔らかい色味のものを合わせています。

大好きなイエローグリーンを中心に

友人から頂いて飾っている
マリメッコの布に使われている色を
ところどころリンクさせて使っています。
この布に使われている色に合わせて、
春はグリーン、夏はブルー、秋冬はパープルと
季節に応じてクッションカバーの色を変えています。
(同じパープルでも、ぜんぜん違ったりするので
少し注意が必要です!)

色をどう使っていいかわからないという時は
クッションカバーと絵、置物、植物など
小物で色をリンクさせると
統一感が出ると思います。


もちろん素材感も色も、
いい悪いではなく好みです。
そしてすべて完ぺきに揃わなくても大丈夫です!
少しづつ、おうちの物の雰囲気を揃えていくのって楽しいです。
わたしもまだまだこれから
少しづつ揃えていきたいなと思っています。

これから家具や小物、食器を買い足すとき
好きなテイストがわからない、とか
すでにテイストがバラバラ!という時には
今あるものの素材感や色味を
考えてみるといいと思います。