部屋の「間仕切り」について

家づくり

うちはマンションの2住戸をくっつけて
1住戸にリノベーションしました。

リノベーションするにあたり考えたのは
「開放的にしたいけど、空調効率も考えたい」
ということ。

広い空間は気持ちいいけれど、
エアコンが効きにくかったり
冷暖房費が高すぎたりでは困ります…。

これは廊下からLDKへのガラスドアです。

プラン上どうしても長くなってしまう廊下を
暗くてせまい、通り道としてだけの廊下にするのが嫌で
開放的なガラスドアにしました。

明るいし、インパクトもあるし
ここをガラスドアにしてよかったです。

LDK側から見ても、
飾った玄関が見えるのも気に入っています。

来られた方がよくおっしゃるのが
「ぶつかりそう!」というご感想。
わたしもはじめはそう思ってました。
でも意外と今まで
酔っ払いも赤ちゃんも幼児も高齢者も
だれもゴッツンしたことがありません。

ガラスですが、
エアコンの効きが悪いな~と感じたことはありません。
(比べたわけではないのでわかりませんが)

難点は手アカがつくこと!
とくに子どもがいると1日でかなりよごれます。
ハーしてお絵描きしてることまであります。
なので、お掃除必須です。
わたしはアルコールスプレーを近くに置いていて
サッと拭いています。

それと、扉自体が重いです。
なので子どもたちが小さい頃は、指を挟むのが怖かったです。
実際、何度か挟んでいましたが
幸いけがをしていたことはありませんでした。


こちらはLDKの、LとDKの間仕切り。

なにもなくてもよかったのですが、
エアコンの効きを考えて
念のためカーテンをつけました。


閉めるとこんな感じです

ちょっとチープな感じになるかも?
と心配していましたが
開けていればそれほど気になりません。
壁の色に合わせて目立たなくして
窓のカーテンと同じ生地を使い
統一感は出すように心がけました。


おうちをつくるときの間仕切り、
こんな選択肢もありますということで
ご紹介してみました。

はやしあき

大阪の整理収納アドバイザーはやしあきです。 お片付けと小さな工夫で楽しい暮らしをご提案しています。

プロフィール

関連記事一覧