子どもの作品、どうしてますか?

おかたづけの実例

学年末ですね。
子どもたちが
小学校や幼稚園で作った作品を
家に持ち帰ってきました。

さあ~~どうしましょう・・・
ネットやら本やらで
子どもの作品の保管について調べ、
保管する数をしぼるべく

家で飾ったり

写真をとったり

持ち帰った日に、
持たせてすべて写真におさめました。
あとから見返した時に
作品も、作品を作ったときの本人の感じも
わかっていいですね。
私は簡易なフォトブックにする予定です。

「保管するのはここに入るだけ」と
箱を決めたり

箱はIKEAのSCUBBシリーズです。

しかし!
手放すのが苦手な2年生長男、
これらの方法ではなかなか手放せず

幼稚園時代の大作「ワニ」もまだ健在です・・・
しっぽがなくなってるけど。

年中次男は
これらの方法で
数をしぼることができてますので
お困りの方はお試しください。

でも作品って
写真で見るのと、実際に見るのと
結構違う気がします。
なので子どもたちが大きくなるまで
たくさん置いておくのもいいかな、
と思っています。

はやしあき

大阪の整理収納アドバイザーはやしあきです。 お片付けと小さな工夫で楽しい暮らしをご提案しています。 詳しくはhttp://seiri-diy.com/プロフ...

プロフィール

関連記事一覧