うちの薬箱

おかたづけの実例

一気に暖かくなりましたね。
風邪をひきやすい私は
これでひとまず安心です。

うちの薬箱の中です。

胃腸の弱い夫と
風邪をひきやすい私。
漢方薬が苦手な夫と
漢方薬が合う私。
なので
胃腸薬と風邪薬が結構あります・・・。
そしてふたりとも歳なので
そろそろサプリのお世話にもなっています。

上から見て、わかりやすいように
フタに名前を記載しています。
外から見えないので、手書きです。
(関係ありませんが
 最近は、手書きラベルの方が
 テプラより味があって好きです。)

中身を取り出しやすいよう
箱はフタを切り取っています。
こうすると、残量もわかりやすいです。

軽くて持ちやすい布製のケースに入れて

食後にさっと取り出しやすいよう
ダイニングテーブルの
夫のイスの後ろに置いています。

おかたづけを学ぶ以前は、
「医療関係」と分類して
絆創膏や塗り薬などと一緒に
別の場所の引き出しに入れていました。

でもうちの場合、
お薬は食後にダイニングテーブルで
夫が飲むことがほとんどです。
今のように変更してから、
とても使いやすくなりました。

いつ、どこで、誰が使うのかを考えて
住所を決めると
とても使いやすくなります!

はやしあき

大阪の整理収納アドバイザーはやしあきです。 お片付けと小さな工夫で楽しい暮らしをご提案しています。 詳しくはhttp://seiri-diy.com/プロフ...

プロフィール

関連記事一覧