賃貸もOK、有孔ボードの壁面収納

DIY

先日、玄関に有孔ボードの壁面収納を設置しました。

うちは自転車一家です。
住んでいる地域が車や電車より、
自転車の方が便利な立地なんです。

夫の自転車はマンションの駐輪場ではなく
部屋の玄関に停めています。
(このあたりのマンションでは駐輪場に納まりきらず
玄関ポーチに停めているというおうちも多いです。)

自転車が壁に当たってしまうので
壁はペイントが剥げ
擦れて黒くなっていたりと
ボロボロでした。

↓以前の写真です。

白く塗りなおしてもまたすぐ汚れるし・・・
黒く塗ろうか?
でも剥げたら逆に目立つし・・・
壁紙を貼ろうか?
でも気に入ったのは高価で手が出ない・・・
となかなか改善方法が決まりませんでした。

そんな時、アンバサダーをさせて頂いている
大丸神戸店のリビングフロアで見た
壁一面有孔ボードのディスプレイ。
これなら当たっても剥げない!
ヘルメットもレインコートもかけられる!
と改善方法はこれに決定。

DIYでもよく見かける有孔ボードの収納。
いろんな事例を参考にして
いちばん簡単にできそうだった
賃貸住宅でも大丈夫なLABRICOを使って
有孔ボードの壁面収納を
設置することにしました。


【用意したもの】
2×4材 2本
有孔ボード 1枚
有孔ボード用フック 1セット(5本入り)
LABRICOオフホワイト 2セット
塗料ターナーミルクペイント・スノーホワイト)450ml
紙やすり(木材のカットした部分などを滑らかにしておきます)
<塗装のための道具>
ハケ、ローラー、バケツ、ブルーシート、ビニル手袋、雑巾
<設置のための道具>
ビス、電動ドリル、滑り止め付き軍手

まずは塗装。
紙やすりをかけた2×4材と有孔ボードにペイントします。
今回はターナーミルクペイントのスノーホワイトを使いました。
2×4材は1度塗りで
有孔ボードは1度ではやや黄色っぽかったので
2度塗りしました。

そして乾いたら
LABRICOを使って2×4材を
床と天井に突っ張らせて設置します。

この2×4材に
有孔ボードをビス止めしてできあがりです。

とっても簡単にできました。
以前よりフレキシブルに
かつスッキリ吊れるようになって
大満足です。

自転車を置くとこんな感じ。

有孔ボード用フックは
いろんな種類があるので
何をどう置くか考えるのも楽しみです。

玄関に置いておきたいものって
いろいろあります。
賃貸住宅でも設置できますし
壁面を有効利用するのにいいですね。
LABRICOも有孔ボードも
流行している理由がよくわかりました!


【かかった費用(材料費のみ):計8376円】
2×4材 1080円×2本(カット代送料込・ネット通販で購入)
有孔ボード 3290円+カット代108円(送料込・ネット通販で購入)
塗料(ターナーミルクペイント450ml) 1188円
LABRICO 600円×2
有孔ボード用フック 430円
(価格は定価ではありません。参考価格です)

【かかった時間:計90分】
やすりがけ:10分
塗装:1回目30分、2回目10分(乾燥時間除く)
2×4材設置:10分
有孔ボードビス止め:30分

はやしあき

大阪の整理収納アドバイザーはやしあきです。 お片付けと小さな工夫で楽しい暮らしをご提案しています。 詳しくはこちらのページへhttp://wp.me/P8s...

プロフィール

関連記事一覧

Copyrighted Image