おうちをカフェに!おすすめアイテム

暮らし

先日、ルームスタイリストプロという資格を取りました。
これからは、片付けだけではなく、その先のお部屋のスタイリングのこともお手伝いできたらなと思っています。

その講座の柴村真弓先生と、一緒に受講したnozomi kishigamiさんが、うちに遊びに来てくださいました。


柴村先生に撮って頂いた写真です。
素敵に撮ってくださったので使わせていただきました。

おうちカフェは楽しくて、ぐっと仲良くなれる

最近まわりの方の影響で、人をおうちに招くことが多くなりました。
お店でランチも楽しいんですが、おうちで一緒にお食事するとぐ~っと一気に仲良くなれる気がします。
「あ、これ私も好き!」とか「うちにもある~」と、共通点が見つかるきっかけになったりして盛り上がるんです。

私はお料理がわりと好きなので、準備も楽しいです。
この日のランチはポテトフォカッチャとシチュー、おかずいろいろでした。

凝ったお料理はできないので、普段からつくるメニューにしています。
その代わり、いろんな種類を少しづつ用意しています。

甘い味、辛い味、酸っぱい味。
柔らかい食感、硬い食感、さくっとした食感。
冷たいもの、あったかいもの。
いろいろ味わえると、楽しいと思うんです。

おうちカフェにおすすめアイテムは「豆鉢」

そこで活躍するのが、豆鉢や豆皿!
いつも作っているメニュー、いつも使っているお皿も、豆鉢を使ってワンプレートにするとカフェのランチ風に。

この日のメニューでは3つ使いました。

こちらは別の日のワンプレートにつかったもの。
このふたつの豆鉢は、セリアのものです。
黒いほうは蓋つき、白いほうはちょこっと取っ手がついていてとっても可愛い!
オーブンもレンジも食洗器も大丈夫なのでガンガン使えて便利です。
目玉焼きとバナナなんですが、可愛くなりました。

こうして豆鉢を使うと、普段のメニューもカフェっぽくなりませんか?

おうちカフェのハードルを下げる工夫

以前は、人を招くにはどんな食器を使えばいいんだろう…と思っていましたが、工夫すればいつもの食器で大丈夫だと思えるようになりました。
ランチョンマットやテーブルクロス・テーブルランナーなど「敷物」があると、より雰囲気が出ます。

また用意するメニューは多めに作り、前日や当日の夕食のおかずにも組み入れて、あまり気負わず作るようにしています。
お料理は買ってきてもいいと思いますし、ランチではなくお茶とお菓子でカフェタイムもいいですよね。


頂いたケーキとフルーツもワンプレートにしました。

そして、おうちをすぐ片付く仕組みにしたことも、ハードルが下がった理由のひとつです。
これがとっても大きい!
以前なら前日は片付けで大変でしたけど、今はとくに頑張って片付けることはありません。
ふだん丁寧にやらない掃除は相変わらず前日に頑張ってますが…

楽しくて、ぐっと仲良くなれるおうちカフェ。
仲良くなりたいな~と思う方がいらしたら、おうちカフェやってみてください!

大阪の整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーターのはやしあきでした。


片付けられない女診断、気軽にやってみてね!

■お片付けサポート
現在、ご予約が混みあっており
新規のご予約は11月中旬以降になります。
お待たせしてしまい申し訳ございません。

■アドバイザー宅での講座
【キッチン収納見学&収納相談付き!お片付けレッスン】
11/6(水)10時30分~12時30分 大阪本町

■無料LINEグループ「お片付け報告部」
10月開催・テーマ<書類整理>
※満席となりました。ありがとうございます!

■無料メールマガジン【楽しい暮らしnote】
■お問い合わせ

関連記事一覧

Copyrighted Image