もったいないのは物だけ?

おかたづけの考え方

もうすぐクリスマスですね。

この時期になると思い出すことがあります。
私が30才くらいの頃のクリスマスシーズンでした。


友人に頼まれて、
新居の図面を拝見し少しアドバイスさせていただきました。

後日その友人から
「今母と近くに来てるから、一緒にお礼に伺ってもいい?」
という電話が。

当時のわたしは
来客となると前日から片付けと掃除!
今からあがって頂くなんてとんでもない…
というわけで近所の喫茶店でお会いしました。

でもその後
せっかく来ていただいたのに
失礼なことをしてしまったと
ずっとずっと後悔していました。
お母さまもよく存じている方だし
散らかっていてもあがってもらえばよかった。
何度も思い出しては
地面に埋まってしまいたい気持ちでした。
その後、友人関係が壊れたわけではありませんが
なにかもったいないことをしたなあと思います。


ものを整理していると
今は使ってないけどいつか使うかもしれないし
手放すのはもったいない…
ということがあると思います。
でも物であふれて片付かないことで
もったいないことも
たくさんあると思うんです。

すぐにあがってもらえるおうちにしたい。

そして一緒にうちで楽しい時間を過ごしたい。

これが私の
お片付けに対する強いモチベーションだと思います。

はやしあき

大阪の整理収納アドバイザーはやしあきです。 10年以上の建築士歴を活かし お片付けや楽しい暮らしのご提案をしています。 詳しくはこちらのページへhttp:/...

プロフィール

関連記事一覧

Copyrighted Image