子どもの作品整理とオススメの収納用品

おかたづけの実例

我が家の小学生男子2人、春休みに突入しました。

春休みは毎年、長期休み持ち帰り物に加え、一年分の作品を大きめの袋に入れて持ち帰ってきます。


よく見ると若干気持ち悪い絵ですいません!ゲームのキャラです…

わが家では、作品を残したい、でも全部残すスペースはない!
ということで、一部は写真などにおさめ、お気に入りのものは実物を置いています。
実物は写真では伝わらない良さがあるんですよね。

作品の収納におすすめなのが
【IKEA】SKUBBサイズ44x55x19 cm


袋のままピッタリ入ります!
四ツ切画用紙も折らずに収納でき、ガバッと開いて厚みもあるので立体作品も入れやすいんです。
このサイズのSKUBBは、一般的なクローゼットサイズの収納にたいてい納まります。

昨年、Klastylingに掲載していただいたこちらの記事もあわせてご覧ください。


作品を素敵に飾るアイデアや、このIKEA SKUBBについてもご紹介しています。

捨てるのが苦手な息子の希望で、サヨナラする作品もデータに残しています。
この記事にあるように、昨年までは作品を写真におさめていましたが…
今年はインタビュー動画を撮ってみました!

4年生長男は照れながら、1年生次男は喜んで。
インタビューにこたえてくれました。
本人も忘れていることもあったり、はじめて知ることがあったり。
インタビュー、思った以上に楽しかったです。

うちはビデオカメラで撮りましたが、もちろんスマホでも。
他の家族写真や動画のデータと一緒に、外付けハードディスクと家族共有クラウドの2箇所に保存しました。
DVDに保存して、残すと決めた作品と置いておこうかな?とも思ったのですが、その保存方法で果たしてDVD見るかなあ~という気がしてやっていません。

去年まで写真をフォトブックにしていましたが、そのひと手間がなくなったのは楽になりました。
でもフォトブックは見返しやすいという良さもあります。
動画は写真より手軽に残せますが、見返しやすさでいうとフォトブックに劣りそう。
ということで一長一短だなと思いました。
来年はどうするか迷います…

大阪の整理収納アドバイザー、はやしあきでした。

       


 


まずは苦手を知るところから。お気軽にどうぞ!

 

 

■お片付けサポート
ただいまご予約がいっぱいのため新規受付を見合わせております

■オーダー収納・リフォーム
■インテリアコーディネート

■HACCP 改善整理コンサルタント講座
整理収納アドバイザー1級・2級向け 飲食店の整理収納講座
2/3(木)3/3(木)4/5(火)9:30~16:00

■無料メールマガジン【楽しい暮らしnote】
片付け、インテリアが楽しくなるヒントを毎週月曜日にお送りしています
■お問い合わせ

関連記事一覧

Copyrighted Image