見た目と使いやすさのバランス

おかたづけの実例

収納棚に
白いファイルボックスがズラッと並んでるの、
憧れませんか?
わたしはとっても憧れてました!


これはうちのワークスペースの上部収納。

あけると中は
このような感じになっています。
主に書類と手紙関係のものを入れています。

以前はファイルボックスに入れ、
背をこちらに向けて
インデックスを付けてズラッと並べていました。

キレイ!・・・でも使いにくい!!

なぜかというと、
・扉を開いて
・結構重いファイルボックスをおろして
・書類を出して
・ファイルボックスをしまって
・扉を閉める
というたくさんの動作がいるからです。

忙しいと無意識のうちに
しまうの面倒→→デスクの上に出しっぱなし
のパターンでした。

そこで
よく使うものについては
ファイルボックスから出しました。
それだけで、
ほんとに入れるようになるんです!

でも、開けた時のスッキリ感も好きなので
たまにしか使わないものは
ファイルボックスを使っています。

引出については
軽いものしか入れていないためか
片手で引き出せるからか
わたしはあまり負担には感じていません。
でも、これも動作が増えているので
負担に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

見た目が美しいほうが好きだから
動作が多くても頑張る、という方
「何が入っているか見えていること」を優先して
ファイルボックスはないほうがいい、という方
いろいろいらっしゃると思います。
ちょうどいい収納方法は人それぞれです。


見た目と使いやすさはバランスよく。
自分や家族に合った収納方法を考えてみると
片付かないイライラがすこし減るかもしれません。

はやしあき

大阪の整理収納アドバイザーはやしあきです。 お片付けと小さな工夫で楽しい暮らしをご提案しています。 詳しくはこちらのページへhttp://wp.me/P8s...

プロフィール

関連記事一覧

Copyrighted Image