自己肯定感とお片付け

おかたづけの考え方

昨日の祝日は
大丸神戸店リビングフロアアンバサダーの方々と
ランチミーティングでした。

ビタクラフトのお鍋を使って
栄養士の方が調理してくださった
ハロウィンのパーティ料理。素敵です!

美味しいお肉の焼き方や
調理器具の説明などもお聞きして


スクエア型のお鍋のふたを使ったオーブン焼き


お鍋を型にコンロで焼いたチーズケーキ

おいしいお食事をいただきながら
アンバサダーの活動についての
ミーティングでした。
このような場にいられることが
とっても幸せです。

アンバサダーは5人いて、
みなさんいろんな分野で
ご活躍されている方ばかり。

そんな中、私はといえば
まだ駆け出しの整理収納アドバイザー・・・
以前なら
「こんな私が入っていていいんだろうか」
などと落ち込んでいたことでしょう。

でも昨日は
他のみなさんの素敵なアイデアやお話を伺って
自分の能力不足に凹みはしましたが・・・
「私は私にできることを、
自分らしくやるのみ!
頑張ってみなさんについていこう!」
とワクワクしました。


自分でも最近変わったなあ、と思います。
転機は「お片付け」でした。

家を片づけ始めてしばらくして
家の中の物をすべて把握できたとき

「もう、どこを見られても大丈夫!」

って思ったんです。
まだまだ使っていないものも多くあり
詰め込んだ状態でしたが
そう思えたことが大きかったのです。

『家の中のどこを見られても大丈夫』

『わたしの何を見せても大丈夫』
という自信につながったのか、
それまで『片付けなきゃ』と思っていた
心のわだかまりを
克服したのがよかったのか、
いろいろ考えてみましたが
自分でもはっきりしません。

でも、これをきっかけに
『できないこともあるけれど
わたしにもできることはたくさんある。
いまの自分で大丈夫!』って
すこしづつ思えるようになってきました。

そう思えるからこそ
今はできないことでも
大丈夫、やってみよう!と
頑張れるのだと思います。

はやしあき

大阪の整理収納アドバイザーはやしあきです。 10年以上の建築士歴を活かし お片付けや楽しい暮らしのご提案をしています。 詳しくはこちらのページへhttp:/...

プロフィール

関連記事一覧

Copyrighted Image