整理収納の順番を「逆」にしてみよう

おかたづけの考え方

整理収納するとき、どんな順番で行ってますか?

物を出して

要・不要を判断して(=整理)

いるものをうまいこと収納して(=収納)

キレイをキープ

という感じではないでしょうか。
まずは整理が必要、という考え方は浸透してきたように思います。

整理収納はもちろんこの流れなんですが、
この手順で行っておられる方でも
「なんか収納がうまく使えていない気がする…」
というご相談も結構多いのです。

見た目もスッキリ、
使い勝手も悪くなさそう。
見た感じでは、なぜ悩んでいるかわからない感じです。

そんなときは、
整理収納の順番を逆にしてみると
解決のヒントが得られることも!

整理収納の順番を「逆」にするって?

順番を逆にするとは、

収納したいものがある→収納方法を考える→収納の完成

という順序を逆にして

収納の完成形を決める→収納方法を考える→収納する物の数・量を場所に合わせる

という順番で行うのです。

ゴールを最初に決めるので
納得のいく収納に近づくことができるのではないでしょうか。

具体的な進め方

どうやって逆に考えるかというと…

①収納の完成形を決める

その収納付近で行う行為と使うものを考え、そこに何を収納するか決めます。
例えば…
子どもが過ごすリビング横の和室に「おもちゃ」「子どもの着替え」
家の中心にある廊下収納に「日用品ストック」「工具」
など
「家族みんながわかりやすくする」
「収納用品を揃えて見た目も美しく」
など、目標があれば一緒に決めます。

②収納方法を考える

収納したいものが決まったら、必要な収納用品を考えます。
例えば…
和室に「おもちゃ」→「棚と収納ボックス」
和室に「子どもの着替え」→「押入れ用引き出し」
廊下収納に「日用品ストック」「工具」→「整理カゴ」、収納用品なしでそのまま
など

収納したいもの・場所の同様の収納用品や収納方法について
ネットや本を参考にするのもいいと思います。

③収納する物の数・量を場所に合わせる

実際に収納してみて、そこに入りきらなければどうするか?
そこに置きたい優先順位をつけます。

入らない優先順位の低い種類のものがあれば、離れた別の場所に収納することを考えます。
同じ種類で量が多いなら、入らないものは手放すという選択肢もあります。

例えば…
「子どもの着替え」→そのシーズンの服以外は子ども部屋へ、または多すぎるなら一部譲ったり売ったり
「おもちゃ」→2軍は子ども部屋へ
「日用品ストック」→浴室で使うものは洗面室へ、またはストック量を調整する
など

この手順で進めれば、自分が決めたゴールに近づけそうな気がしませんか?

迷路を逆からたどるイメージで

迷路って、スタートするとたくさん道があり、
どの道に進むか迷います。
そしてとりあえずこっちの道にすすんでみたものの
合ってるのかなあと思うことも。

ゴールから逆走すると、
その1歩手前、さらに1歩手前の道の選択は
こっちだと見えてきます。

整理収納についても同じ。
その1歩手前、さらに1歩手前の選択は
こうするべきだとヒントが見つかるかもしれません。

どうも整理収納がうまくいかないなと思うときは

収納の完成形を決める→収納方法を考える→収納する物の数・量を場所に合わせる

というふうに、
逆走・逆算するイメージでやってみると
うまくいくかもしれません!

大阪の整理収納アドバイザー、はやしあきでした。


片付けられない女診断、気軽にやってみてね!

■お片付けサポート
現在、ご予約が混みあっており
新規のご予約は11月中旬以降になります。
お待たせしてしまい申し訳ございません。

■アドバイザー宅での講座
【キッチン収納見学&収納相談付き!お片付けレッスン】
11/6(水)10時30分~12時30分 大阪本町

■無料LINEグループ「お片付け報告部」
10月開催・テーマ<書類整理>
※満席となりました。ありがとうございます!

■無料メールマガジン【楽しい暮らしnote】
■お問い合わせ

関連記事一覧

Copyrighted Image