贈り物の選びかた

おかたづけの考え方

もうすぐ敬老の日ですね。
いつもお世話になっている
義母と母、叔母に会いに行き
感謝の気持ちを込めて
贈り物をしたいと思っています。

贈り物をするのって、
ワクワクして楽しい!
でも、選ぶのが難しい!

整理収納を学んだら、
以前にも増して
贈り物を選ぶのが難しいと思うようになりました。

お片付けサポートに伺ったおうちで
「頂きものだから手放せないし、
かといって飾るにも趣味が違うので・・・」
と、『行き場のない贈り物』に
出会うことがあります。
もらった方も、気持ちはうれしいのに
そして贈った方も、喜んでもらおうと思ったのに
負担になっていたとしたらとても残念ですよね。
ほんと難しいです。


私はどなたかに贈り物を選ぶとき、
基本的には
■消えもの(食べ物など、消費するもの)
■普段は買わないようなもの
にするようにしています。

でも、
「これが欲しい」と明確なとき
贈る相手の好みがよくわかっているときには
「これは喜んでもらえる!」と
残るものを贈ることもあります。


義母、母、叔母は
「もうあまり物を増やしたくない」
「欲しいものは特にない」
「食べ物をたくさんもらうと困る」
という3人。

アンバサダーをさせて頂いている
大丸神戸店リビングフロアで
敬老の日の贈り物を選んできました。

お花はいつも喜んでもらえるのですが
いつもとは違ったかたちで
そして少し長く楽しんでもらえるようにと
ハーバリウムを選びました。

これならどこにでも飾れますし
お世話も不要。
「色褪せてきたらこうやって処分してね」
(もしくは「処分するから言ってね」)
と説明しておけば
手放すタイミングもあっていいかなと思います。

最近見かけるようになったハーバリウム。
いろんな色があってキレイでした。

敬老の日の贈り物、
喜んでもらえますように!

はやしあき

大阪の整理収納アドバイザーはやしあきです。 10年以上の建築士歴を活かし お片付けや楽しい暮らしのご提案をしています。 詳しくはこちらのページへhttp:/...

プロフィール

関連記事一覧

Copyrighted Image